ホワイトニング

歯を白くしたい・ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、セラミックやプラスチックといった人工的な材料で歯を白くしたり変色を被い隠すのではなく、歯自体にホワイトニングの薬剤を表面からしみこませ、歯の中の色素を分解し白く漂白する治療法です。
歯並びや歯の形は特に不満は感じないが、もともとの歯が変色していたり暗い色だったりもう少し歯が白かったら…などとお考えの方にお勧めです。
※神経のない歯は神経のある歯ほど効果は期待できません。

顔や笑顔と調和のとれた白く美しい歯は、外面からも内面からも美しさの必須条件だと思います。そして周りの方も、その心からの笑顔に好感をもってくれることでしょう。以前より自分の歯の色にコンプレックスをもち、人前で笑わなかったり、口元をかくして話したりそんな方々が、笑顔を取り戻し明るくなっていただけることを願っています。

ホワイトニングの種類

ホームの場合だとゆっくりですが、まんべんなく色が抜けるのとリーズナブルにご利用頂けるため、基本的にはホームの方をお勧めしております。患者さんによって生活スタイルが違いますので、生活スタイルやご要望などを聞いたうえで決定しています。色の抜け方はどちらも変わりません。

オフィスホワイトニング
病院で行います。直接歯に薬剤をつけ、強い光を当てて白くします。費用はホームより高いですが、3回くらいと少ない回数で済みます。
1回 3,150円 × 歯の本数

ホームホワイトニング
自宅で行います。お口の型を取ってマウスピースを作製し、その中にホワイトニングの薬剤を入れて口に入れておくだけです。1日2時間を10~15回程度で満足のいく白さになります。(個人差はあります。)

上下の歯      31,500円
上下どちらかの歯  21,000円
いずれも専用マウスピースとホワイトニングの薬剤・本数にもよりますが、約10〜15回分のキットです。

よくあるご質問

Q一度ホワイトニングすると、色は戻りませんか?

A元々の濃さを10として3まで白くした場合、半年〜1年で4くらいまで戻ることがあり得ます。そのため、ホームホワイトニングの場合には好みの色になった段階以降、月に1回2時間ぐらい続けて頂きます。このように定期的にケアすると色の白さが維持できます。
Q白さの希望は聞いてもらえますか?

Aどれくらい白くしたいかは個人差がありますので、ご希望を聞いたうえで主治医が適切なアドバイスを致します。ただ真っ白にすればいいわけではありません。前歯から奥歯にいくにつれて色がやや濃くグラデーションにならなければ奥行きがでません。グラデーションができますと口元に立体感が出て、自然で美しい仕上がりとなります。全部同じ色にしてしまいますと、口元が平面で人工的になってしまいます。
患者様お1人お1人に個性があり、人によって肌の色も違い、似合う白や美しい白も違ってきます。伊東歯科医院では、主治医がグラデーションも含め、その方に合った一番自然で美しいホワイトニングを提供致します。
Qホワイトニングで白くならない歯の対処法はありますか?

Aホワイトニングというのは、神経がある歯、あるいは被せていない歯への対応となります。差し歯やプラスチックを詰めている等、人工の歯は白くなりません。人工の歯がある方がホワイトニングをすると、人工の歯だけ色が残ってしまうということになります。その場合の対処法は、まずご自分の歯にホワイトニングをかけ、希望の白さにした後、その色にあわせて差し歯を作り替えます。どれぐらい白くしたいかと実際にどれくらい白くなるかは個人差がありますので、ホワイトニングの効果を見ながら差し歯を作り替えるという順番になります。